コンテンツビジネスの種類を把握しよう

どうも、マサキです。
今回の記事では、コンテンツビジネスの種類について解説をしていきたいと思います。

「コンテンツビジネスってなんだよ」
という方もいらっしゃると思うので説明をします。

 

コンテンツビジネスは、ゲームや漫画など制作物をブログ、youtubeなどに載せることによって見ている人を楽しませたり学びになるコンテンツを提供するビジネスになります。

僕はこのコンテンツビジネスを極めて22歳にして月収1000万円を稼ぐことができました。

 

個人がスモールビジネスを展開するなら絶対にコンテンツビジネスを極めた方が効率的に収入を得られることができます。

理由としてはコンテンツというものは一度作ってしまえば、繰り返し人に再生されます。
例えば映画だったら一度作った作品が全国の映画館で上映されてDVDとなり収益を生み出しますよね。

 

このようにコンテンツはレバレッジがかかるので少ない労力で利益を生み出せます。

コンテンツビジネスの種類について詳しくまとめたので詳しく解説していきますね。

 

コンテンツビジネスとは?

本(漫画、小説)

身近にあるような本もコンテンツビジネスの一つです。
本は人の知識やストーリーを文字を使用して言語化してまとめたものになります。

僕は漫画が大好きで小学校3年生から今までずっと読んでいます。
今考えると漫画も人の心を動かすことのできる立派なコンテンツの一つであり素晴らしい作品は繰り返し読みます。

 

現在は紙の書籍から電子書籍という形で移行しており今をなお発展を遂げています。

受験や語学勉強で使用する参考書は、プロの知恵が言語化されているので知識をつけることが可能です。

 

僕自身も電子書籍という形でAmazonのキンドルに出版したことがあるほどなので
書籍というコンテンツはブランディングにもなり影響力の強いコンテンツだということを理解してもらえればと思います。

動画(映画、動画)

日本は、アニメや映画の文化が盛んに行われています。
特にアニメは世界一と言っていいほど発展が遂げており外国の人からすると
「日本=アニメ文化がすごい」と認識している人も少なくはありません。

 

実際に友達の留学生は、日本はアニメ文化がすごいと褒めていましたし
ワンピースやナルトなど世界にも通用するような作品が生み出されています。

2016年に話題になった君の名は世界中に上映されて250億円以上の興行収入を生み出しました。
動画も暇があれば繰り返し見れるので立派なコンテンツだと言えます。

 

テレビは数十年も前から日本の分野に強く根付いていますし
マスメディアと言われるほど影響力の強い媒体となっています。
暇があればテレビをつける人がいますが、それだけテレビが人を楽しませることができるということです。

 

最近では、ユーチューバーと言われるYouTubeに動画を投稿して広告収入を得ようと活動している人が増えて
身近な人も動画を活用してビジネスをできるようになりました。

ですから、普通の人でもカメラやスマホさえあれば動画というコンテンツ作って楽しめるようになっています。
Tik Tokもそのうちの一つですね。広告がうざいと思っていましたが、インストールしてみると面白いです。

 

動画は人間の聴覚、資格を刺激するコンテンツなので攻略をすることができると非常に強いです。

ゲーム、アプリケーション

ゲームは、空想上の世界で仮想のキャラクターになりきり冒険やストーリーを楽しむことができます。
プレイステーションや任天堂DSなどのゲーム機器が発売されていて実際に手にして遊んだ人もいるのではないでしょうか。

 

僕は昔ポケモンというゲームにハマっており新しいポケモンを捕まえて仮想のキャラクターになりきって育成や冒険をすることが大好きでたまりませんでした。

ただしゲームはあまりにも人を熱中させることがあるので、その場合は、ゲーム依存症になる人もいるほどです。

 

パズドラやモンストなどのスマホゲームが盛んに行われておりスマホ一台でゲームをすることができます。

昔は高額な商品を買わなければゲームができなかったのですがハードルが低くなっています。

電車や学校を見るとスマホを持ってゲームをする人が増えていますしゲームは非常に儲かると思います。

 

ただしゲームを作るには高度なプログラミングや企画力、資金力が必要なので普通の人には手を出せないのが正直なところです。

僕も将来的に自分の会社が大きくなったらゲームを作りたいと考えています。
自分の作ったゲームが人々にプレイされて喜ばれること想像するとワクワクしますよね。

今回の記事ではコンテンツビジネスの種類を具体例をあげながら説明をしました。

 

僕は、記事や動画などのコンテンツビジネスを通して収益を生む仕組みを作り出しています。

コンテンツビジネスの良いところは僕のような個人でも実践すれば稼げるということです。

 

現在の世の中にはクリエイター、ユーチューバー、ブロガーなどの多様な働き方をしている人が多いですよね。
作ったコンテンツは人々の心を動かすコンテンツになるので存在している限り長期間使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です